Latinに魅せられて、、、


かつて ラテンダンスを踊りたいと言った時、

「足が短くて、頭の大きい日本人には無理!」と友人に言われた。

「そもそも、ラテン音楽のノリとか、

ラテンリズムがキューバ人には生まれた時から備わっているの!」

とも言われた。

そうすると典型的な昭和の日本人体系で

ラテンのリズムが備わっていない自分は、

あの軽妙でわくわくする音楽に身をゆだねて

体を動かす事は許されないのか?、、、

足の長さは努力では伸ばせないので、目をつむって頂くとしても

一番の難関は音楽、、

ラテンのバイブレーションというかグルーブが欲しい!

キューバのおばさんたちの様にかっこよく粋に踊りたい!

と思っているのに、、

いつの間にか、自分は音楽から解離してしまっている?

音は空間に満ちているのに、、

拍とか、足型とかに囚われてしまっている?

根本にあったあの素敵なラテン音楽で踊りたいという

気持ちをなくしてしまっているのではないだろうか?

音楽とダンスは切っても切れない関係

だからこそいい関係を築きたい、、

まずは本物のLatin音楽を聞くことからはじめようか

最初のわくわくを思い出すように、、、


Recent Posts
Search By Tags